新着
1学年では、8月27日(木)に近隣事業所見学会を行いました。学校から歩いていける範囲にある企業や施設にお願いして、4班に分かれて見学してきました。販売や製造、クリーニング、福祉サービスと、業種は異なりましたが、それぞれ社員の方々がきびきびと、あるいは仕事に誇りを持って働いている姿に、生徒たちはとても刺激を受けてきました。進路実現に向けての意識が向上する貴重な体験ができました。
8月31日より第2回就業体験実習がスタートしました。 8月の26~27日には、実習を直前に控えた2・3年生を対象に、職業教育推進研修会が行われました。 3年生は障害者職業センターの中條さんを講師に迎え、「働くために必要なこと~就職に向けた心構え~」というテーマで講演を実施しました。 2年生は元群馬テレビアナウンサーの新井さんを講師に迎え、「『新しい生活様式』を取り入れた社会人マナー講座~感謝と笑顔~」というテーマで講演を実施しました。 大変わかりやすい内容で、生徒たちも真剣に聞き入っていました。
暑い日が続きますがみなさんいかがお過ごしですか 生徒たちは2学期に入ってすでに1週間が過ぎました。 まだ2学期も始まって間もないですが、生徒たちは就業体験実習期間に入ります。 実習期間は長い生徒で4週間です。最後まで頑張ってもらいたいです 学校では、就業体験実習に先駆けて、進路指導主事による事前学習が行われました。 熱いメッセージに生徒たちの顔つきも変わり、いよいよ実習が始まるんだなと気持ちを新たにしたようです。 その後、生徒たちは就業体験実習に向けた激励会で一人一人決意表明を行いました。 それぞれが自分の課題を見つめ、一つでも多くの事を吸収して帰ってこようとする意気込みが伝わりました。 就業体験実習を終えるといつも生徒が一回り大きくなって帰ってくる気がします。 学校では学べないたくさんの経験を積んできてほしいです
群馬県より、県内特別支援学校高等部の作業学習の充実を目標としたクラウドファンディングが実施されています。 ぜひ、ご協力いただければと思います。    募集期間は2020年9月19日までです。よろしくお願いします! 県立特別支援学校作業学習充実 クラウドファンディング型ふるさと納税の募集 .pdf ↓下記URLよりお申し込みいただけます。 https://www.furusato-tax.jp/gcf/902  
8月24日 新型コロナウィルス感染症対策を講じた中で、2学期始業式が行われました。 校長先生からは、元気に笑顔で再会できたことをとても嬉しく思うとともに、今後も引き続き、新しい生活様式を意識した生活を心がけましょうという話がありました。また、就業体験実習を直前に控えた2・3年生に対して、内定を目指してしっかりと取り組んでほしいとエールが送られました。 その後の全校集会では、アビリンピックの木工B部門で金賞を受賞した生徒の表彰式が行われました。3年生の活躍をみて、1・2年生にも良い刺激になったと思います。
7月31日 新型コロナウィルス感染症対策を講じた中で、1学期終業式が行われました。 校長先生より1学期の振り返りと命を大切にした行動をしましょうというお話をいただきました。 8月1日から夏休みが始まります。 2学期の始業式は8月24日(月)です。 生徒のみなさんとまた笑顔で会えるのを楽しみにしています  
7月31日 新型コロナウィルス感染症対策を講じた中で1学期終業式が行われました。 校長先生より1学期の振り返りと命を大切にした行動をしましょうというお話をいただきました。 8月1日から夏休みが始まります。 2学期の始業式は8月24日(月)です。 生徒のみなさんとまた笑顔で会えるのを楽しみにしています  
  夏休みを目前に控えて、1学期の総決算となる全校生徒参加の大掃除が行われました   生徒と教員で力を合わせて学校の隅々まで掃除していました     みんな一生懸命掃除をしながらも生徒同士、教員と生徒が楽しそうに会話していたのが印象的でした   これで綺麗で清潔な校舎で2学期が迎えられそうです生徒のみなさんお疲れ様でした
1 生徒募集定員   下記リンク(群馬県のホームページ)をクリックし、ご覧ください。 2 入学者選抜実施要項(本校)   下記リンクをクリックし、ご覧ください。 3 入学者選抜実施要項(群馬県)   下記リンク(群馬県のホームページ)をクリックし、ご覧ください。 4 調査票   調査票の様式は、以下よりダウンロードしてください。 調査票様式(保護者作成) ※本校の生徒募集の詳細につきましては、直接本校へお問い合わせください。 ※調査票(一太郎形式)はグーグルクロームではなく、     インターネットエクスプローラーで開いてダウンロードしてください。
本日は陶芸の授業の様子をご紹介します。 制作途中の製品がたくさん並んでいましたが、しっかりと整理されていました。 陶芸製品は割れやすいので、ぶつかったり倒れたりしないように整理整頓が重要なんですね! 陶芸というと、電動ろくろで粘土を伸ばして作るやり方がイメージされますが、 同じ製品を同じ品質で製作できるように、たたら作りという方法が行われています。 これによって、生徒たちでもキレイなお皿が制作できるようになります。 こちらの機械で粘土の余りなどを練り直すそうです。 完成を待つ製品たちがズラーッと並んでいて迫力があります。  
4月8日 令和2年度入学式が行われました。 新入生代表が大きな声で宣誓をし、入学生25名(普通科5名 農業園芸科3名 産業工芸科10名 家政被服科 7名)の入学が学校長より許可され、在校生112名による令和2年度がスタートしました。  
本日は家政被服科の「クリーニング」の授業を見学させていただきました。 クリーニングのためのたくさんの機械が並んでいて、 そのままお店が開けそうな立派な設備でした 私が見学をした日は、アイロンがけの練習をしていました。 しわがどんどん無くなって、新品のような仕上がりになっていました こちらは襟元のしわをキレイにする特殊な機械です。 細かいところにも気をつかって心を込めて取り組んでいるのがよく分かりました。 業務用の大きな洗濯機も稼働してました。 生徒たちが、私語一つ無く真剣に取り組んでいて、とても良い雰囲気の中で授業が行われていました。   特別支援 家政被服科 クリーニング 作業学習
ブログ
06/29
本日はLHRの紹介です。 3年生のあるクラスでは「哲学対話」が行われていました。 哲学対話は、1960年代にアメリカで始まった 「子どものための哲学(Philosophy for Children:P4C)」に由来します。 生徒たちの考える力を育てたいと考え、何度も教員研修を重ね実践に至りました。 説明を始めると長くなってしまうので、 哲学対話に興味をもっていただいた方はぜひ検索してみてください まずは本時の流れを説明します。 哲学に至るために重要な「問い出し」の場面です。 こんなにテーマが出てくるのか!とうれしくなるほど、たくさんのテーマ案がでました。 上下関係の礼儀、恋愛、就職など、青少年らしいテーマが並びます。 ルールの確認も大事です。いよいよスタートです。 「自分に合った仕事を選んで働くべきか」をテーマに話し合いました。 普段は賑やかなクラスですが、自分の意見を人前で話す経験が少ないので、 最初は沈黙が長く続く場面も多くみられました。ポツリポツリと自分の気持ちを 話す生徒が増えていき、仕事からお金や生きがいに話が広がりました。 何度も繰り返すことで、すこしずつ考える事や伝える事に慣れてほしいです。   特別支援 LHR 哲学...
今日は数学の授業についてご紹介します。 本日の数学テーマは「分数」でした。 教師の出す問いに対して、各自が配られたホワイトボードに答えを書いて発表します。 人前話すのが苦手な生徒もこれなら安心です。 もちろん全員の理解度も把握しながら進められるところも良いですね。 ちなみに授業中は活発に意見が飛び交って賑やかですよ 分数についてある程度理解が深まってきたので、今度は実生活への応用を目指します。 上の写真は、ただ粘土で遊んでいる訳ではなく、粘土を3等分したり4等分したりを繰り返すことで、 感覚として分数を覚えてほしいと思って粘土を教材として使いました。 時には、丸くピザのような形にして「5人で等しく分けるには?」「3人家族だったら?」と 設定を変えながら円の等分を学びました。 今後は、この力が調理実習での分量の見当や、社会に出てから、何人かで料理を取り分けるときなどに 生かされればうれしいと思います   特別支援 高等部 数学 分数
今年度の生徒総会は三密を避けるため、各クラスで行われました。 担任から予算案や行事予定について説明を聞き、その後に信任投票が行われました。 生徒たちからは、あまり行事を縮小してほしくないなどの意見がでていました
今日は家政被服科の授業の様子を見学させていただきました 写真には女性しか写っていませんが、男の子も多数在籍しています。 ミシンを使って何を作っているのでしょうか。 私語もなく、真剣に取り組んでいる姿が印象的でした 縫い目に乱れがないかしっかり確認してもらいながら作業を進めます。 教員が生徒一人ひとりに時間をかけて丁寧に指導するので、どんどん上達します 近づいてみると、ランチボックスカバーでした!
今日は作業学習木工班の様子をお届けします 木工班も搬出口を大きく開けて換気しながら作業学習に励んでいました。 ↓今日は製品一つひとつを丁寧にヤスリがけをしていました。 ↓そしてできあがった製品がこちらです。ゴミ箱の完成です ミリ単位の正確さがないと上手く組み立てられない形をしていますね という訳で今日は木工班の活動の様子を紹介しました。
☆☆本校の受検を考えている生徒さんと保護者、先生方へ☆☆  「前高特ガイド」は中学校卒業後の進路の悩みに寄り添える一助として定期的に発行していきます。   New!  前高特ガイド(第4号).pdf テーマ「中学生授業見学体験会の流れ・ポイント」   New!  前高特ガイド(第3号).pdf テーマ「学校見学で寄せられた Q&A」   前高特ガイド(第2号).pdf テーマ「普通科?職業科?どこを第1希望にする?」   前高特ガイド(第1号).pdf テーマ「高校か?特別支援学校か?」              
☆☆本校の受検を考えている生徒さんと保護者、先生方へ☆☆  「前高特ガイド」は中学校卒業後の進路の悩みに寄り添える一助として定期的に発行していきます。   New! 前高特ガイド(第4号).pdf テーマ「中学生授業見学体験会の流れ・ポイント」   New!  前高特ガイド(第3号).pdf テーマ「学校見学で寄せられた Q&A」   前高特ガイド(第2号).pdf テーマ「普通科?職業科?どこを第1希望にする?」   前高特ガイド(第1号).pdf テーマ「高校か?特別支援学校か?」  
新型コロナウィルス感染症対策のリーフレット   リーフレット① 3つの蜜を避けてましょう!.pdf リーフレット② 3つの蜜を避けるための手引き!.pdf リーフレット③ 「密閉」「密集」「密接」しない!.pdf リーフレット④ 感染予防のために、できること。.pdf リーフレット④ 手洗い.pdf リーフレット⑤ 家で過ごそう-命を守るために- .pdf リーフレット⑥ 咳エチケット.pdf リーフレット⑥ 距離を取ろう-咳のしぶき(飛沫)が届く距離- .pdf
新型コロナウィルス感染症対策に関するガイドライン   【厚生労働省】「新しい生活様式」の実践例.pdf 「社会経済活動再開に向けたガイドライン」.pdf 「群馬県学校再開に向けたガイドライン【改訂版】」の概要.pdf   群馬県 学校再開に向けたガイドライン【改訂版】.pdf   本校の学校再開ガイドライン/前橋高等特別支援学校.pdf  
中学生授業見学体験会について(掲載日9/4)      10月7日~14日の期間で、実施する予定です。    中3対象 10月7日~14日 中1,2対象 10月12日~14日    中学校あてに必要書類をメール送付してあります。    下記よりダウンロードすることもできますが、申し込みは    中学校の先生を通しておこなってください。    R2 10月 授業見学体験会・案内.pdf    参加申込書(中3用).pdf      参加申込書(中3用記入例①).pdf  参加申込書(中3用記入例②).pdf    参加申込書(中1,2用).pdf    参加申込書(中1、2用 記入例).pdf    健康状態申告書.pdf (←当日お持ちください。1人1枚)
令和3年度 入学者選抜生徒募集説明会について(掲載日9/4) 日時:令和2年10月14日(水) 14:00~15:30     13:30~受付 14:00~説明会(保護者、中学校職員対象) 場所:前橋高等特別支援学校 図書室 対象者:中学校等職員 保護者(※生徒本人の参加は必要ありません) 申し込みは必ず中学校等を通しておこなってください。 (※申込書は中学校あてにメール送信してあります)    R3 生徒募集説明会案内.pdf    健康状態申告書.pdf (←当日お持ちください。1人1枚)       こちらは昨年度の募集要項です。 今年度の募集要項は説明会後に掲載いたします。 R2生徒募集要項.pdf
平成 8年 4月 1日  群馬県立前橋高等養護学校として設置(開校)。 高等部普通科(生徒定員6名、2学級)と専門教育を主とする3学科農業園芸科、産業工芸科及び家政被服科(各学科生徒定員9名、1学級)、男女共学。群馬県立前橋西高等学校内に開校準備室を置く。 初代校長  森田忠義以下3名の職員発令。   平成 9年 3月11日  校舎引渡。   平成 9年 4月 8日  第1回入学式を挙行。第1学年33名(普通科6名、農業園芸科9名、産業工芸科9名、家政被服科9名)入学許可。   平成11年10月30日  創立記念式典を挙行。記念誌「はばたけ未来へ」を刊行。   平成13年 4月 1日  校訓「礼儀・感謝・挑戦」制定   平成15年  普通科生徒定員が6名から11名へ変更   平成18年11月18日  創立10周年記念式典を挙行。記念誌「礼儀 感謝 挑戦」を刊行。   平成19年 4月 9日 産業工芸科1クラス増員   平成20年 4月 1日  前橋高等養護学校伊勢崎分校開校、分校職員(教頭、教諭、養護教諭、実習助手、公仕)16名辞令交付。   平成27年 4月 1日  校名を群馬県立前橋高等特別支援学校に変更。前橋高等養...
  ・ new! 【受検生のかたへ】(掲載日9/4)    「中学生対象 学校見学会の情報」    「入試情報」    「前高特ガイド(中学生向け通信)」    以上の内容を更新しました。    見学体験会や生徒募集説明会の詳細が掲載してありますのでご覧ください!     ・ new! 前高特NEWSを更新しました(掲載日9/1)        ・ new!「保護者・放課後等デイサービスの送迎について」(掲載日8/28)    教室棟工事関連の動きがあるため、送迎の際は西駐車場をご利用ください。    ご協力お願いします。    駐車場変更について.pdf    工事地図.pdf                   new!「前高特祭中止のご案内」(掲載日8/24) 本校では11月に前高特祭を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、今年度については中止することになりました。  前高特祭は生徒の様子や本校の雰囲気などを見ていただく良い機会であり、たいへん残念ではありますが、どうかご理解くださいますようお願いいたします。 ←群馬テレビで特集された前高特祭の様子をご覧ください。 ...
今日は1・2年生の登校日でした 農業園芸科の授業を見学させていただきました カメラマン側は大きな搬出口になっています。そちらを全開にして 扇風機をたくさん回すことで換気に気を使っていました   この大きな玉ねぎをみてください!じゃがいもと比べると その大きさが分かります 丁寧に皮をむいた後に出荷します。 前高特祭で大人気の野菜はこんな風に作られているんですね
登校時に非接触型の体温計を使った体温調査を実施しています。 各教室への入室時にはアルコール消毒をしています。 教室移動や授業の終わりには手洗いの時間を設けています。 昼食の前にはすべての机の消毒を行っています。
部活動   部活動は、生徒の希望により自主的な参加が期待される活動です。 火・木曜日の放課後に実施されます。 もちろん、学年の枠はありませんので学年間交流の場でもあります。 現在では、5つの部活動が活動しています。 ※クリックで詳しく活動内容が見られます。(PDF)    陸上競技部.pdf 創作ダンス部.pdf バスケットボール部.pdf   器楽合奏部.pdf 工作部.pdf 同好会   余暇活用の一環として、部活動のない日(月・水・金)の放課後に同好会があります。 現在では、3つの同好会が活動しています。 ※クリックで詳しく活動内容が見られます。(PDF)   卓球同好会.pdf テニス同好会.pdf 英語で遊ぼう会
職業学科とは   農業園芸科・産業工芸科・家政被服科の総称で、卒業後の自立的な社会生活や職業生活をめざし、必要な態度や技能、知識などを学習します。 教科学習をはじめ、働く力を養う作業学習は、各教科に共通する受託作業のほか、各学科の特色を生かした学習をしています。 教育課程   ()内は週時数の内訳です。 各科の時間割の例   農業園芸科   産業工芸科    家政被服科
普通科とは   社会や日常の生活に必要な生活習慣や社会性、作業態度などの生活適応能力の向上をめざした学習をします。 教科学習や日常生活の指導の他、働く力を養う作業学習、総合的な力を身につける生活単元学習が中心です。 教育課程   ()内は週時数の内訳です。 指導形態 学習内容 週時数 合計 教科別指導 国語(1)、数学(1)、音楽(2)、芸術(2)、 保健体育(3)、家庭(2) 11 30 領域・教科を合わせた指導 日常生活の指導(4)、生活単元学習(4)、 作業学習〈手工芸、総合実習、環境美化〉(8) 16 領域別指導 HR活動 2 総合的な探究の時間 1   普通科の時間割の例 時 間 割 R2年度 普通科1年1組     時間 月 火 水 木 金 1 8:55~9:45 LHR 日常生活 日常生活 日常生活 日常生活 2 9:50~10:40 体育 国語 手工芸 体育 環境美化 3 10:50~11:40 手工芸 家庭 手工芸 生活単元 環境美化 4 11:45~12:35 手工芸 家庭 数学 生活単元 体育   &nbs...
 R2   保健だより9月号.pdf  R2   保健だより夏休み号.pdf  R2 保健だより7月号.pdf  R2 保健だより6月号.pdf  R2 保健だより5月号.pdf  R2 保健だより4月号.pdf R2 食だより1学期.pdf
  新型コロナウイルス感染状況の報告について(お願い)●生徒が、 ① PCR検査を受けることになった場合 ② 感染が確認された場合 ③ 濃厚接触者になった場合●ご家族の中に感染者または濃厚接触者が発生した場合、 以下のとおり報告してください。 ■平日の8:30~17:00 前橋高等特別支援学校  TEL 027-255-1516 教頭へ一報ください。 ■時間外(休日を含む) 前橋高等特別支援学校代表アドレス maetoku-snes@edu-g.gsn.ed.jp  に ●お名前 ●連絡先の電話番号 ●体調(体温を含む)と状況(上記①②③のいずれの場合か)  を記して送信してください。  折り返しこちらから連絡いたします。 県内における感染の広がりを踏まえた感染防止対策の徹底について(掲載日8/28)詳細は下記、PDFデータをご覧ください。保護者通知①.pdf   保護者通知②.pdf   通常登校の開始について(掲載日6/22)詳細は下記、PDFデータをご覧ください。通常登校の開始について.pdf      警戒度の引下げ伴う分散登校について(掲載日6/15)詳細は下記、PDFデータをご覧ください。警戒度の引下げ伴う分散登校につ...
バーモス(愛唱歌)とは    バーモスは2001年、当時の音楽教諭3名が、文化祭における生徒の発表内容について、話し合いをしていた際に「生徒たちのための合唱曲を作ろう」という提案から誕生しました。 バーモスとは、スペイン語で「行こう」という意味で、歌詞には生徒たちが学び舎で過ごした、たくさんの思い出の日々やたくさんの仲間を忘れずに、1人ひとりが未来に希望を持って歩んでいこうという思いが込められています。 バーモス(愛唱歌)   作詞・作曲 坂本 大樹 / 編詞 手束 律子・大小原 美幸 1 心の中で 光る思い出は  ぼくらの作った たからもの   ここで過ごした 友だちや時は  とわに変わらないまま   手と手を取り合って  はげましあい  幸せへと続く  階段かけのぼろう   はるかな 青空は  これからの ぼくらの未来  流れる雲のように  旅立とう 風といっしょに   はばたけ バーモス  かがやけ バーモス   2 耳をすませば ほら聞こえてくる  たくさんの ついおくのメロディ  みんなの大きな希望とゆめを  今この歌にのせて   たかなる思い  むねにきざみこんで...
群馬県立前橋高等特別支援学校校歌   作詞 校歌制定委員会 / 作曲 大木 隆明   1 緑あふれる学園に  せせらぎ光り風わたる   友と出会った歓びを  声高らかに歌おうよ 2 木のぬくもりにつつまれて  心と心響き合う   ひとみをあげて胸をはり  励まし合って学ぼうよ 3 大地に根ざすにれの木の  伸びゆく姿仰ぎ見て   心ゆたかにたくましく  未来に向かいはばたこう 生徒歌唱版.mp3歌唱 令和元年度 卒業生一同   ピアノ演奏版.mp3演奏 今井なおみ ※作曲者である、大木隆明先生の許可を得て公開しています。
部活動   部活動は、生徒の希望により自主的な参加が期待される活動です。 火・木曜日の放課後に実施されます。 もちろん、学年の枠はありませんので学年間交流の場でもあります。 現在では、5つの部活動が活動しています。 ※クリックで詳しく活動内容が見られます。(PDF)    陸上競技部.pdf 創作ダンス部.pdf バスケットボール部.pdf   器楽合奏部.pdf 工作部.pdf 同好会   余暇活用の一環として、部活動のない日(月・水・金)の放課後に同好会があります。 現在では、3つの同好会が活動しています。 ※クリックで詳しく活動内容が見られます。(PDF)   卓球同好会.pdf テニス同好会.pdf 英語で遊ぼう会
各作業学習の紹介   下記リンクよりご覧ください。(PDFファイルとなっています)   手工芸.pdf  空缶.pdf   環境美化.pdf   総合実習.pdf 農業園芸.pdf 木工.pdf   陶芸.pdf   被服.pdf   クリーニング.pdf 校内実習・就業体験実習   実習とは・・・? 社会に出て働くための学習をしています。 特に校外の企業などで働く場合を就業体験、校内で働く場合を校内実習と呼んでいます。 基本的に学期に1回予定されており、1回の実習期間は約2週間~3週間です。 特に3年生は進路に直結しますので、大事な期間といえるでしょう。 生徒は目標をもって取り組み、実習が終わったあとは一回り大きく見えるものです。
周辺地図     群馬県立前橋高等特別支援学校 住所〒370-3572 群馬県前橋市青梨子町233番地1 電話/FAX電話027-255-1516 FAX027-255-1560 メール(代表)maetoku-nes@edu-g.gsn.ed.jp(@を半角に修正して送信してください) 交通手段   電車の場合 群馬総社駅下車 2.2km 徒歩約30分 日本中央バスの場合 (前橋-上野田・桃泉線)青梨子下車 0.5km 徒歩約7分 群馬バスの場合 (前橋-箕郷線)下田前下車 0.9km 徒歩約12分 関越交通の場合 (高崎-渋川線)清野町下車 2.2km 徒歩約30分
群馬県立前橋高等特別支援学校 ハイスクールガイド   群馬県立前橋高等特別支援学校ハイスクールガイドへようこそ。 このページが進路選択の一助になれば幸いです。 「群馬県立前橋高等特別支援学校」ってどんなところ?   群馬県立前橋高等特別支援学校(略称、まえこうとく)は、平成8年4月に開校した特別支援学校です。 生徒たちは皆、卒業後の社会自立を目指し、日々の学習に取り組んでいます。 わたしの家から通えるかな?   群馬県内18市町村から通学できます。 生徒は、交通機関(電車、バス)や自転車を利用したり、徒歩や保護者の送迎で通学したりしています。 また、毎学期の始めには通学指導を実施し、生徒の安全確保に努めています。 前橋市、沼田市、利根郡(みなかみ町、川場村、 片品村、昭和村)・渋川市、北群馬郡(吉岡町、榛東村)・吾妻郡(中之条町、東吾妻町、長野原町草津町、嬬恋村、高山村)高崎市の各市町村から通学可能です。 どんな勉強をするの?   まえこうとくには普通科と職業学科があります。   ・普通科  社会や日常の生活に必要な生活習慣や社会性、作業態度などの生活適応能力の向上を目指した学習をします。   ・職業学科(農業...
1 生徒募集定員   下記リンク(群馬県のホームページ)をクリックし、ご覧ください。 2 入学者選抜実施要項(本校)   下記リンクをクリックし、ご覧ください。 3 入学者選抜実施要項(群馬県)   下記リンク(群馬県のホームページ)をクリックし、ご覧ください。 4 調査票   調査票の様式は、以下よりダウンロードしてください。 調査票様式(保護者作成) ※本校の生徒募集の詳細につきましては、直接本校へお問い合わせください。 ※調査票(一太郎形式)はグーグルクロームではなく、     インターネットエクスプローラーで開いてダウンロードしてください。
感染症出席停止や服薬に関する連絡用紙は下記よりダウンロードできます。   感染症出席停止用紙.pdf 服薬に関する連絡用紙.pdf   学校生活に関する提出書類は下記よりダウンロードできます。   忌引届.pdf  住所、保護者、保証人変更届.pdf 海外旅行届.pdf  身分証明書再発行願.pdf
相談してみませんか? 授業中に   課題が提出できない、そのまま書き写すといった課題しかできない。 良い成績を取ることにこだわる。 授業を聞くだけで、板書事項はほとんどノートに写さないが、テストはできる。 呼びかけに応答せず、無視しているように思えることがある。 計算や音読はできるが、文章の内容を理解するのが難しい。      など 生活の中で   他人が自分の悪口を言っていると思いこむ。 注意をすると怒り出し、物に当たったり大声を出す。 他の生徒からの、不当な指示やからかいに応じてしまう。 学校でも、お気に入りの物をはなせない。 言われたとおり文字どおりの解釈で行動し、融通がきかない。     など 上記のような発達障害等に関する相談を、下記の方法で受け付けています。 お気軽にご相談ください。   電話相談・メール相談・来校相談・出張相談   電話  027-255-1516メール maetoku-snes@edu-g.gsn.ed.jp(@を半角に修正して送信してください)担当  支援推進部 後藤 範雄
生徒指導通信   生徒指導部では、今年度も「人間関係づくり」活動に取り組んでいます。その様子が紹介されていますので、下記リンク「生徒指導通信」からご覧ください。   R2生徒指導通信 第3号.pdf R2生徒指導通信 第2号.pdf R2生徒指導通信 第1号.pdf 前橋高等特別支援学校いじめ防止基本方針   本校では、生徒個々の障害を踏まえ心身の健全な発達と安定を図り、生徒が安全に安心して学校生活を送ることができるよう、いじめの未然防止に取り組んでいます。   前橋高等特別支援学校いじめ防止基本方針.pdf 別表1.pdf 別表2の1.pdf 別表2の2.pdf  
職業学科とは   農業園芸科・産業工芸科・家政被服科の総称で、卒業後の自立的な社会生活や職業生活をめざし、必要な態度や技能、知識などを学習します。 教科学習をはじめ、働く力を養う作業学習は、各教科に共通する受託作業のほか、各学科の特色を生かした学習をしています。 教育課程   ()内は週時数の内訳です。 各科の時間割の例   農業園芸科   産業工芸科    家政被服科
普通科とは   社会や日常の生活に必要な生活習慣や社会性、作業態度などの生活適応能力の向上をめざした学習をします。 教科学習や日常生活の指導の他、働く力を養う作業学習、総合的な力を身につける生活単元学習が中心です。 平成15年度から、2組は国語や数学を取り入れ、作業学習も増やして、より生活力を付ける学習をしています。 教育課程   ()内は週時数の内訳です。 1組 2組 普通科の時間割の例  
木の学校 どこまでもつづく大空のように、生徒たちの夢や可能性がふくらむことを、この木の学校は願っています。 外観   せせらぎ川(正門入口付近)                        体育館 スポーツテラス(体育館入口付近)                       グランド 桜並木(東門入口付近)                             コテージ2(2学年集会場)                                 中庭(奥に見えるのが教室棟) 自然の移り変わりにより、さまざまな表情を楽しませてくれる中庭。また屋外施設は、地域との交流を図りやすい配置にしました。 内実    1学年コートヤード(1学年専用の中庭)                  コテージ1(3学年集会場)   体育館内部                                                                                                 図書室   家庭科室                               2学年コートヤード(2学年専用の中庭)               普通教室 日差し、風の...
生徒の社会自立をめざす学校です 群馬県立前橋高等特別支援学校は、平成8年4月開校した特別支援学校です 。社会自立に向けて、生徒一人ひとりの特性と可能性を最大限に伸ばし、未来に向かって心豊かにたくましく生きることのできる生徒の育成をめざしています。 県内16市町村から通学できる学校です 生徒は、交通機関(電車、バス)の利用や自転車、徒歩、送迎などの方法により通学しています。毎学期の始めには、それぞれの通学方法に応じて通学指導をしています。送迎の生徒は、徐々に自力通学ができるように取り組んでいます。 地域に開かれ、地域に根ざした学校です 唐松を主とした県産材を約60%使った、斬新なデザインの木造校舎です。地域の方々と生徒との交流を楽しむ「開放講座」を開設しています。多くの方々に本校の教育内容を理解してもらうために「いつでもなんでもオープンスクール」を通年開催しています。 進路状況(過去5年)   一般事業所 就労移行 就労継続A型 就労継続B型 生活介護 進学 その他 合計 H27 20 12 1 3 0 0 1 37 H28 26 15 0 0 0 0 0 41 H29 ...